走らなくても間に

あたしにはまだちっちゃな男児の孫がある。年末には3歳になるのですが、やはり男児は夫人と比べて強烈
たびが違う。
その孫は、時どき家に女の子と共にやってきては、家中を走り回って、まるっきり台風のように過ぎ去って行きます。こういった触れ込みが一番良いのだろうとあたしは思います。
孫が来るって我が家の暮らしが変更されますが、それは好ましい転換で元気な孫は、おかまえなしで暮らしを転換させます。
但し、孫がやってくると家は孫の天性の明るさで家中が急に明るくなります。
孫は家には欲しい側となっています。
特に、孫はしっかりしておらず、持ち家に寝泊りまん中は、元気が有り余っているのか、寝ている瞬間以外は特に持ち家の道を走り回ってある。
急いでいるわけでもないのに、走らなくても間にあう場所なのに、持ち家の道を微笑みながら歩き回り、全力で走り回った割合はブレスはあがっておらず、「パパに似て遠路ランナーに向いているんじゃないか」と思ったり、「否待てよ、短距離の方が向いているとも感じるし」という今からあたしはジジバカ振りを発揮してある。
そうして、来季から幼稚園に通う真意で、今から運動会が楽しみでなりません。
自己破産 弁護士 山口県下関市