他のパパどもは

都内都知事選を見ていてマキシマム感じた事は、どいつもこいつも根性のない可愛いパパどもが多いなぁ、に関してでした。元々小池百合子氏については、今までの行動を見ていて二度と好きではありませんでしたが、都知事選に出馬したいと思って所属先の自民党が何と言っても出馬しました。裏側盾をなくしても出ようと思ったそのバイタリティは評価してもいいのではないかと感じました。
それに引き換えパパどもの小ささ…了承代替えをどうも決めれず、あげく勝手に出馬する小池百合子氏を必死になって脅嚇、批判する自民党、大みこしに担がれたからといって「いなかの時」と言っていたくせに東京の首長選挙に出馬やる増田寛也氏、がんらいレポーターであったくせにスキャンダル知らせる媒体を働きかけるといった効く、反面テレビジョンの討論プランを欠席し、池上彰氏との開票速報の直接レポートを拒否する鳥越俊太郎氏、そもそも自分の幼児の散髪料金まで政治資源で落とそうとする舛添要一前都知事…言わばすべて裏側盾がないと何も決断できず、1対1になると止めるなんて、常々偉そうにしているパパがすることなのかって情けなくなります。
思えば自民党総裁選もそうでした。他のパパどもは安倍総理に損するからと言って誰も出馬控える。その中で野田聖子氏だけが自民党が禁止になるといって出馬しました。逆らっても自分がやって決める、変えて決めるというのはマミーだけなのでしょうか?
「やむなく、小池百合子も野田聖子もスタンドプレーで大いに周りのことを考えてない。世界中も会社でも分隊につきを考えるのがマキシマム必要でしょ?」という人も多いのでしょうが、こうした人前が変わらなければいけない現在のシチュエーションで、そんなことを言っては状況が悪化して出向くだけなのではないでしょうか。スタンドプレーもなんでもいいからやりたいと熱狂を持つ自分が、では動き取り掛かりないと。それでも今のパパどもにはそんなことをのぞむのは無理なのかな、都知事選で必ずしょんぼりさせられました。
自己破産 弁護士 愛知県春日井市