事前に対応して

ハインリッヒの定めというものがあります。これは、一つの重大災厄が起きる前には29回の軽微な災厄があり、それが現れる前には300回のヒヤリとミソを冷ます災厄があるのだという定めだ。
それは一心に災難に例えられます。事故など大きな災難を起こす前には、個人に突き当たりそうになったとか他の車種といった危なっかしく衝突しそうになったとかのハッとしたことが何度か発生してあり、それを考えずに無視して今まで通りのドライブを続けていて、ひいては重大災厄を起こしているのです。
ハッとしたこと、もしくはヒヤリとしたときに、その端緒を考えて慎重な自家用車のドライブを心がけていれば災厄を防ぐことができたのです。
ハインリッヒの定め(ヒヤリハットの定め)は取引にも流用できます。
たとえばアトリエのマシーンの調節などで、ハッとしたようなことが発生したならば、事前に対応して、そのハッとしたような状況にならないような処理を講じます。それによりヤバイ災厄を防ぐことができるのです。災厄は運みたいに生まれるものであり、それを未然に防ぐことは不可能だと思いがちですが、クオリティコントロール(クオリティコントロール)などの理解では、重大災厄を100パーセント防止することができると言っているのです。これは凄い理解であると思います。千葉 セフレ 出会い系