ケガをして来たり

あたしは昔から猫が好きです。現下飼ってある愛情猫はきじとらのNちゃんだ。内部って外側を自由に出入り始める野性的住宅猫だ。Nちゃんは、鳥、トカゲ、虫も捕らえてしまうハンターだ。捕まえて内部にとっていらっしゃることもあります。本能なので仕方がないのですが、心から気持ちが悪いだ。
Nちゃんは、ここが多少なりともちょっかいを出すと、アッという間に遠慮無く爪を立ててくる凶暴なところもありますが、基本的にツンデレなので、憎めないものだ。
外側で活発に活動しているせいか、今季に入ってから、徒歩に故障をしたり、目の病気になったりして、病舎に何回か伺うハメになりました。
外側で何をしているのか分かりませんが、野良ちゃんともめごともしたりしているので、その時か木登りした時期などに徒歩に傷をつけてしまったのだと思います。また、外側でばい菌にさらされた手で面持ちを洗うので、結膜炎になってしまったようです。
病舎でもらった目薬をさしていますが、ずいぶん治りません。しゅっとしたかわいいお面持ちのNちゃんなのに、いたいたしい面持ちのまま2ウィークぐらいが経過していらっしゃる。
まだ元気に外側を遊び回ってあるNちゃんですが、ケガをして来たり、疾患を拾って来たりする確率が高くなるため、発車は控えてもらいたいものです。
も、きっと外側で自由にあかすことがNちゃんの楽しみであるため、不可能にはできずにいらっしゃる。

函館 脱毛 予約